ハイテクサイバーポリス

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索
ハイテクサイバーポリス102号
ハイテクサイバーポリスがみています

この記事はハイテクサイバーポリスに監視されています。少しでも不審な行動が認められた場合、ハイテクサイバーポリスはお前達を逃しません。覚悟して閲覧を行ってください。

※このページは言論弾圧には屈さず、ハイテクサイバーポリスの実態をありのままに伝えていきます。※

ハイテクサイバーポリス(HCP)は、かける様帝国の警察組織、或いはそこで活躍するロボット警察官の総称。

ハイテクサイバーポリス達[編集]

ロボットだったり生物だったり記号だったり、様々な外見のハイテクサイバーポリスが存在する。どれも非常に強く、かなり高い戦闘能力を持つ。人間なんて勿論手も足も出ない。

実際の活動を見た者は少ないが、何もしていない訳ではない。それは彼等の任務の多くは秘密にされているからである。見たことがないから役立たずとかいう奴がいるが、露出度と実力は無関係に決まってるのにアフォ!な限りである。大体パフォーマンスばっかりだったら意味無いだろうが。

ハイテクサイバーポリス一覧[編集]

ハイテクサイバーポリス一覧」参照

活動[編集]

通常の犯罪の他、救世主かける様に逆らった人を逮捕し、かける様帝国の治安を守る。

逮捕は誰も見ていない秘密裏にこっそりと行われることもあり、マスコミに公表されることもない。(この事実はNシステムが暴露した、もともとアレなシステムなのでプログラムのボロが出たと思われる。)これは一部で言論弾圧とか不当逮捕になるとか言われているが、これはメディア・スクラムや②愚鼠による祭りオフから犯人の人権を守る為である。こうしないとかける様帝国人権擁護局が黙っちゃいないからである。

誤認逮捕されたと告発しようとしたり、ハイテクサイバーポリスの闇を暴こうとすると直ちにこっそり逮捕されてしまう。ハイテクサイバーポリスのネガティブ情報が表に出ることは一切ない。

プライバシー[編集]

かける様帝国内の全ての電話やメール等を盗聴、記録しており、ハイテクサイバーポリス達はその内容を何時でも自由に見ることが出来るらしい。 駅には認識システムが設置されており、誰が何時何処の駅を利用したかが一発で分かるようになっている。また、自動車のナンバープレートを読み取る装置であるNシステムを道路上に設置しており、自動車での移動もバレバレである。 これらはプライバシーの侵害として一部では批判の声もあるが、「安全はタダではない」ということで批判を封じ込めている。

逮捕[編集]

限りなく怪しい人が浮かび上がったがどうしても証拠が見つからない時、或いはかける様帝国にとって不都合な人間を消したい時、あらゆる手段でその人を逮捕しようとする。以下はその一例を紹介する。

別件逮捕[編集]

本件とは別の、普通ならどうでも良いようなことを事件にして逮捕する。例えば、立ち小便で逮捕、飲み屋のツケで逮捕、等々がある。まあ、この辺は引っ掛からずに生活出来る。

転び公妨[編集]

それでも逮捕出来ない時は究極の手段がある。わざとぶつかって、勝手に転んで公務執行妨害として逮捕するのだ。こればかりはどうしようも無いし、早い話がハイテクサイバーポリスに目を付けられたら助からないということである。

冤罪[編集]

こんなやり方を続けているせいで、無実の人が逮捕されるということが続出している。一度逮捕されると逮捕歴が残り、指紋も採られ、それらは死ぬまで記録されるので、その後の生活にいくらか支障が出ることになる。 例えば、美国には逮捕歴があるとビザ無しで行けなくなる。そんで、逮捕歴がある人にビザが下りるかというと、下りる訳が無い。例え逮捕後釈放だろうが無罪判決だろうがそんなことは関係無いらしい。

一般に、ハイテクサイバーポリスは事件が起こったら真っ先に前科や逮捕歴がある人から調べるので、勿論無実だろうがそんなことはお構い無しなので、その分再び冤罪の被害に遭う可能性が増す。 また、逮捕歴なんて探偵に頼めば簡単に分かるので、勿論中堅以上の企業ならそのくらいの調査はしているので、ワーキングプアにしかなれなくなる。

お仕置きだべぇ~[編集]

「逮捕⇒有罪」という思考が一般に定着しているので、逮捕されれば様々な私人によるお仕置きだべぇ~が待っている。勿論、家族も同様のお仕置きだべぇ~を受ける。

主なお仕置きだべぇ~の例[編集]

  • 退学
  • 実名報道
  • ②愚鼠による祭りオフ
  • 村八分

現状では冤罪でも元通りにする義務づけが無いので、一度逮捕されたら人生は終わったと思った方が良い。義務づけが大好きな一部の政治家達も何故かこんな義務づけは言わない。これは美しい国七不思議の一つである。

だから嫌いな奴を落とす為にハイテクサイバーポリスに金を払うといったことがある。

指紋[編集]

ハイテクサイバーポリスは妙に指紋集めに熱心である。一度逮捕されると、その後無実だと判明しても指紋はしっかりと死ぬまで保存される。空き巣に入られると、出て来た指紋から家族の指紋を排除するという建前で、家族の指紋も採られる。

交通違反でも、例え印鑑を持っていても指印にしてと言われるが、勿論これは指紋集めの為である。免許持ってる人、或いはこれから取ろうとしている人、ちゃんと車に印鑑を積んでおきましょうNE(’Д')

関連項目[編集]

リンタ[編集]