大学入試センター試験

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索

大学入試センター試験(だいがくにゅうしせんたーしけん)とは、全国の高3生がマークシートでピクロス(イラストロジックとか言うかも)をするという年に一度のイベントである。通称センター試験、或いは単にセンターかける様大学では、900点満点中800点取らないと足切りされてしまうという。

問題作成[編集]

問題の漏洩を防ぐ為に、作成者は牢屋へぶち込まれて問題を作らされる。勿論肛門検査はされるし、携帯電話等外部との通信手段は強制的に預かられる。問題が完成しても、誰かに漏らさないようにセンター試験が終了するまでぶち込まれたま(以下ログなし

特徴[編集]

  • 問題量の割に制限時間が厳しめなので、得意科目でも何度か模試を行って慣れないと思うように得点できないことがある。
  • マークシートなので、1 問ずつずれて確率論の世界、という悲劇にならないように注意する必要がある。

経験者[編集]

評価[編集]

  • てくねちうむ「とりあえず、数学やった。けど速さが足りないOTL 修行不足。これじゃ私もかける様大学入れない^^;」
  • MathWorld「英語164点、これじゃかける‌様大学入れない いぇっぱり英語考えた奴はサリン70tの刑、以上」
  • 名無し「数学あれ時間的に大問毎最後の問題は捨てないとつらい」

外部リンク[編集]