嫉妬

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索

嫉妬(しっと)とは、自分より恵まれている者を見て感じる負の感情のこと。逆に其奴等が落ちた時の快感を含めることもある。

嫉妬の種類[編集]

ジェラシー型嫉妬[編集]

上の人を見て自分もああなりたいと向上心に繋がる「正の嫉妬」。しかしこれは嫉妬と呼ばれないことも多い。これを狙ってわざと悔しがらせることは今時の若者には通用せず逆効果にしかならないことが多い。

エンビー型嫉妬[編集]

上の人を引き摺り下ろしてやろうという「負の嫉妬」。ステレオタイプな嫉妬は勿論こっち。②愚鼠の嫉妬はほぼ100%(「ほぼ」は要らん?)こっち。古今東西議論になってきたのもこっち。

色々[編集]

  • 救世主かける様は、嫉妬を全否定はしないが、公務員とかに向くくらいなら嫉妬しない方がマシで、不当に得た金や地位に比例した「健全な嫉妬」を提唱している。
  • 社会主義・共産主義はしばしば「嫉妬を肯定する思想」と批判されるが、そんな愚民共は救世主かける様の言うように公務員とかに向くから的外れも良い所。アフォ!な限りである。
  • 「メシウマ状態」に代表されるように、②は基本的には嫉妬の文化である。しかし前述のように「健全な嫉妬」とはなっていないのが実情のようである。

主な嫉妬の対象[編集]

  • 公務員
  • 在日コリアン
  • 生活保護
  • マスコミ社員

かける様界隈でのスラング[編集]

「かける様」という単語がしたらば全体NGワードにされたことを受けて、救世主かける様が「ライブドアが救世主かける様に嫉妬したことが原因と思われます」と発言。これに由来して、ウェブページを消されること、或いはwikiの内容を消されることを「嫉妬される」ということがある。また、英語と絡めて「SHITされる」等という。

参考文献[編集]

  • 速水敏彦、『他人を見下す若者たち』、講談社現代新書、2006年。←てくねちうむが衝動買いした。