通りすがり

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索
Rパウチの影響が色濃い作品。

通りすがり(とお-)はアンチを代表する絵師の一人であり、かける様大学の全盛から愚民社会を考えるへの過渡期に亘り、各所のお絵かき掲示板で盛んに活動し、数多くの作品を遺した。内容と作風は総じてアフォ!の影響が色濃く、かける派を殺戮する為の兵器やスーパードラゴン、或いはそれらを用いてかける派を殺戮する物語が多数を占めている。いずれも直線と塗りつぶしのみで構成される稚拙なもので、画力に関してはアフォ!と同等かそれ以下に評されたが、ヴォルケーノブレードライノスといった作品群が後の時代に多大な影響を与えたことから、現在では一転して高い評価を得ている。代表作は前述のライノスで、この青髪で襤褸切れを纏った姿で描かれた男性像は通りすがりのアバターと解釈するのが通説である。また、本作は画法に関して本人の口からRパウチの影響が示唆されており、研究者の注目を集めている。

KELに数日間の誹謗中傷を受けたことで、正当な評価を受けぬまま界隈を去った。背景には馬鹿殺し屋による教唆があったと見られている[要出典]

備考[編集]

同名異人が多数存在する。通りすがりA通りすがりBについては同項を参照されたい。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

悪の創作に登場する人物の一覧