長野県

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索

この記事の内容は「独自研究」であるおそれがあります。 これを解消するために独自研究は載せないを確認した上で、ある情報の根拠だけではなく解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください。


長野県(ながのけん)は本州中部地方に位置する内陸県である。信州と呼称されることも多く、一時改称も検討された。面積は都道府県中第4位。その大半が山地であり、面積に対しての平地の割合は少ないが、可住地面積はさほど小さくない。 シンボルは県の貝にキサキコミズシタダミと、(同)藻にホシツリモがある。当初、県の獣にはヌマカイメンが指定されることになっていたが、手違いによってニホンカモシカとなった。よりによって害獣を選定するところがお役所仕事らしい。 県庁所在地は善光寺の門前町として知られる長野市で、18回冬季オリンピックの開催地都市にもなっている。余談であるが、オリンピック開催に纏わる道路造成の恩恵を受けた自治体とそうでない自治体の間には遺恨があり、とりわけ南信地域の長野市に対するそれが激しい。


↑一般的な長野県の通り

気候[編集]

一般に内陸性気候を呈すとされるが、北信地域の一部には日本海側気候が及んでおり、また木曽地域は太平洋側気候の影響を受けているといわれる。他、中信地域から南信地域の年間降水量は1500mmに達するが、東信地域では1000mm前後と少なく、中でも佐久市は晴天率日本一を誇るなど地域差が大きい。

歴史[編集]

21世紀に入り、前県知事である田中康夫が主導した脱ダム宣言や同和対策事業の見直しに代表される公共事業費・公務員人件費の削減により、財政再建団体一歩手前であった所から黒字化に成功。更に財政調整基金を活用し、県内の全小学校に30人学級(1-4年まで)を導入するなど教育分野や福祉の充実が図られた。が、田中康夫はその一環で脱記者クラブを宣言したために(本人によるとしていないらしいが)、読売新聞や信濃毎日新聞などの大手新聞社を敵に回してしまい、ネガティブキャンペーンを展開され(同時期、後ろだてとも人事を巡って対立していた)失脚させられてしまう。後任である村井仁は田中の全政策を完全否定・完全清算との発言通りガラス張り知事室の廃止や脱ダム宣言を撤回を行い、田中康夫の設置した五輪の使途不明金調査委員会を解散させ、....

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

自治体[編集]

19市25町37村があり、市町村数は全国第二位。内、村の数は全国最多。未だ多くの中小自治体が乱立しているものの、平成の大合併では40余りの市町村が既に合併しており、現況でこれを推進する理由は無い。

高速道路[編集]

――

鉄道[編集]

長野県はJR本州3社の路線が跨る唯一の都道府県である。また、長野市内には地下鉄も存在しており鉄道ファンにはたまらない。リニアも迂回する予定。

両生類[編集]

長野県はトノサマガエル、トウキョウダルマガエル、ダルマガエルの三種が分布する唯一の都道府県である。それだけでなく、アカイシサンショウウオやハクバサンショウウオなどの希少種も分布しており、オオサンショウウオの採集記録もあるなど両生類マニアにはたまらない。

各地域の特徴[編集]

北信[編集]

――

東信[編集]

――

中信[編集]

――

木曽[編集]

――

南信[編集]

北信出身者と対照的にリベラル志向が強いとされるが、育ちが悪けりゃ左によるのは当然。逆も然り。

観光[編集]

――

自然[編集]

――

長野県出身の人物[編集]

この「長野県」はタグ:地理に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆して下さる人を求めています。