NINJA TOOLS

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索

NINJA TOOLSは株式会社サムライファクトリーが運営している、アクセス解析やホームページスペースレンタルなどのサービスである。 特にアクセス解析は高性能という定評があり、これにより荒らし界の衰退を進めたとも言われている。 が、広告が目立ち過ぎる上に悪質なトラッキングクッキーが問題となり、すっかりGoogleFC2のアクセス解析に地位を奪われた。

主なサービス[編集]

かける様大学公式チャットは一寸チャットで作られた。

忍者アクセス解析[編集]

NINJA TOOLS の顔とも言えるサービスでかける様大学愚民社会を考えるでは全ページに設置されている。 救世主かける様が特定の人物のアクセスログを晒すこともあった。

特定の人物がいつどのページを見たかが一目で分かってしまうため、忍者アクセス解析が設置されているサイトは嫌われることがある。

忍者バリアー(旧 煙巻きコントロール)[編集]

アクセス規制サービス。規制された時に飛ばされるページには5段階あるがあまり意味がない。

忍者ホームページ(旧 只今ホームページ)[編集]

容量は500MB[1]で広告は控え目(ただし三ヶ月以上更新しないとバカでかい広告がでる)だが、CGI の使用は不可。 当初はかける様大学も利用していた(後に削除され移転)。愚民社会を考えるでも利用している。統合される前のかける様帝国でも利用されていた。

一寸チャット[編集]

管理者権限で特定の利用者を強制退出させることが可能だった。かける様大学、愚民社会を考えるでも利用されていたが、現在はサービス終了している。

プロフィール一族の里[編集]

プロフィールのページが作れる他ブログも作れた。 かける様大学にもこれを利用したブログが存在したが、助言「ブログはいけない」に矛盾するとの指摘が相次ぎ閉鎖された。

忍者アンケートフォーム[編集]

愚民社会を考えるのネチズン度テストでも使用されている。

社風[編集]

かつてかける様大学も忍者ホームページを利用していたが、転送量制限のオーバーによりアカウントの削除と移転を繰り返すという、救世主かける様と忍者ツールズの間でゴタゴタがあった。それが関係してか、かける様大学の一部のユーザーが用いていた釣り師口調が一時期忍者ツールズでも使われたことがある。

また、採用情報で社内がオタクの巣窟であることを公言したり、ホームページスペースに _yai_nobita というフォルダがあったりすることなどから、愚民社会を考えるのユーザーの間では、怪しく訳の分からない会社だと思われている。

NINJA TOOLS のウェブページで使われた釣り師口調[編集]

  • 煙巻きコントロールによって自分のホームページにアクセスできなくなりました!!!11!!
  • 移動します他!!プロフィールはこちら!”!!

リンタ[編集]

注釈[編集]

  1. 2011年11月8日以前は容量100MBで、申請すれば無制限に拡張可能だった。