「オタク」の版間の差分

提供: Kakerunpedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
1行目: 1行目:
 
'''オタク'''とは、広義には特定の分野に対して並外れた知識がある人、狭義には性的なアニメ・ゲームを好む人で、対人関係が得意ではない人を言う。
 
'''オタク'''とは、広義には特定の分野に対して並外れた知識がある人、狭義には性的なアニメ・ゲームを好む人で、対人関係が得意ではない人を言う。
  
= 批判 =
+
== 批判 ==
== 性表現 ==
+
=== 性表現 ===
 
オタクに対するウケを狙って、青少年向けの作品にもお色気シーン (サービスシーンとも) を登場させるケースが多い。これに対して、青少年への悪影響を危惧する声や、何でも萌えに走って内容の薄い作品が増えると懸念する人がいる。
 
オタクに対するウケを狙って、青少年向けの作品にもお色気シーン (サービスシーンとも) を登場させるケースが多い。これに対して、青少年への悪影響を危惧する声や、何でも萌えに走って内容の薄い作品が増えると懸念する人がいる。
  
 
[[かける様思想]]では性欲を否定している。また性表現を嫌う人、青少年への悪影響を危惧する団体がしばしば法規制を求める運動を行い、オタク業界とは真っ向から対立している。オタク業界は、性表現は表現の自由であり、弾圧はいつもエロから始まるものであり、青少年に見せないのは親の責任であると主張している。
 
[[かける様思想]]では性欲を否定している。また性表現を嫌う人、青少年への悪影響を危惧する団体がしばしば法規制を求める運動を行い、オタク業界とは真っ向から対立している。オタク業界は、性表現は表現の自由であり、弾圧はいつもエロから始まるものであり、青少年に見せないのは親の責任であると主張している。
  
== 二次創作 ==
+
2010年代以降、欧米での[[ポリティカル・コレクトネス]](ポリコレ)思想の広まりに伴い、国内外で改めてオタクの好む性表現への批判の声が高まっている。そうした勢力の中でも特に[[フェミニスト]]はオタクから目の敵にされ、オタク側はフェミニストを「[[ツイフェミ]]」と呼び、フェミニスト側はオタクを「[[表現の自由戦士]]」と呼び、お互いに忌み嫌っている。
 +
 
 +
=== 二次創作 ===
 
二次創作の多くは原作者に無許可で作られる。これは明らかに著作権侵害であり、それの内容によっては原作のイメージダウンに繋がる可能性もある。一方で、二次創作が原作の人気向上に繋がる可能性や、訴えるとファンの反発を受ける可能性もあり、原作者はジレンマを抱えている。
 
二次創作の多くは原作者に無許可で作られる。これは明らかに著作権侵害であり、それの内容によっては原作のイメージダウンに繋がる可能性もある。一方で、二次創作が原作の人気向上に繋がる可能性や、訴えるとファンの反発を受ける可能性もあり、原作者はジレンマを抱えている。
  
== キャラクター商法 ==
+
二次創作の中でも「エロ同人」と呼ばれるものは、原作キャラクターに対するレイプなどの表現(凌辱ものという)が含まれているものも多数ある。だが原作キャラクターを愛していると公言するオタクたちは、このような表現に対しても全く心を痛めるようなそぶりすら見せないのが現状である。
 +
 
 +
=== キャラクター商法 ===
 
[[初音ミク]]など、美少女キャラクターを付けて売り出されている商品や、町興しに美少女キャラクターが使われている例がある。これは、子供をターゲットにした、ポケモンやドラえもんのキャラクター商法と何ら変わりがないという批判がある。
 
[[初音ミク]]など、美少女キャラクターを付けて売り出されている商品や、町興しに美少女キャラクターが使われている例がある。これは、子供をターゲットにした、ポケモンやドラえもんのキャラクター商法と何ら変わりがないという批判がある。
  
= 主なオタク =
+
近年、このような美少女キャラクターを使った商法は「女性をお飾りに使うもの」として、国内外のフェミニストから批判を受ける事例が増えている。
 +
 
 +
== 主なオタク ==
  
= 外部リンク =
+
== 外部リンク ==
*[http://gumin.xxxxxxxx.jp/6.html オタクはいけない] - 愚民社会を考える
+
* [http://gumin.xxxxxxxx.jp/6.html オタクはいけない] - 愚民社会を考える
  
 
[[Category:文化]]
 
[[Category:文化]]
 
{{DEFAULTSORT:おたく}}
 
{{DEFAULTSORT:おたく}}

2022年1月3日 (月) 08:47時点における最新版

オタクとは、広義には特定の分野に対して並外れた知識がある人、狭義には性的なアニメ・ゲームを好む人で、対人関係が得意ではない人を言う。

批判[編集]

性表現[編集]

オタクに対するウケを狙って、青少年向けの作品にもお色気シーン (サービスシーンとも) を登場させるケースが多い。これに対して、青少年への悪影響を危惧する声や、何でも萌えに走って内容の薄い作品が増えると懸念する人がいる。

かける様思想では性欲を否定している。また性表現を嫌う人、青少年への悪影響を危惧する団体がしばしば法規制を求める運動を行い、オタク業界とは真っ向から対立している。オタク業界は、性表現は表現の自由であり、弾圧はいつもエロから始まるものであり、青少年に見せないのは親の責任であると主張している。

2010年代以降、欧米でのポリティカル・コレクトネス(ポリコレ)思想の広まりに伴い、国内外で改めてオタクの好む性表現への批判の声が高まっている。そうした勢力の中でも特にフェミニストはオタクから目の敵にされ、オタク側はフェミニストを「ツイフェミ」と呼び、フェミニスト側はオタクを「表現の自由戦士」と呼び、お互いに忌み嫌っている。

二次創作[編集]

二次創作の多くは原作者に無許可で作られる。これは明らかに著作権侵害であり、それの内容によっては原作のイメージダウンに繋がる可能性もある。一方で、二次創作が原作の人気向上に繋がる可能性や、訴えるとファンの反発を受ける可能性もあり、原作者はジレンマを抱えている。

二次創作の中でも「エロ同人」と呼ばれるものは、原作キャラクターに対するレイプなどの表現(凌辱ものという)が含まれているものも多数ある。だが原作キャラクターを愛していると公言するオタクたちは、このような表現に対しても全く心を痛めるようなそぶりすら見せないのが現状である。

キャラクター商法[編集]

初音ミクなど、美少女キャラクターを付けて売り出されている商品や、町興しに美少女キャラクターが使われている例がある。これは、子供をターゲットにした、ポケモンやドラえもんのキャラクター商法と何ら変わりがないという批判がある。

近年、このような美少女キャラクターを使った商法は「女性をお飾りに使うもの」として、国内外のフェミニストから批判を受ける事例が増えている。

主なオタク[編集]

外部リンク[編集]