「肖像権」の版間の差分

提供: Kakerunpedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
(202.213.96.253 (トーク) による編集を ハイテクサイバーポリス43号 による直前の版へ差し戻し)
 
8行目: 8行目:
 
= 外部リンク =
 
= 外部リンク =
 
*[http://gumin.xxxxxxxx.jp/15.html 「肖像権法」を制定せよ]
 
*[http://gumin.xxxxxxxx.jp/15.html 「肖像権法」を制定せよ]
 +
 +
[[Category:社会]]
 +
{{DEFAULTSORT:しようそうけん}}

2018年10月3日 (水) 16:32時点における最新版

肖像権(しょうぞうけん) とは、自分の肖像をみだりに撮影されない権利、使われない権利のことである。あくまで判例上のものであり、またその判例も少なく、アマチュアカメラマンに対する判例は今の所ない。

ネット時代の新たな肖像権問題[編集]

インターネットとデジタルカメラ、カメラ付き携帯電話の普及に伴い、誰でも簡単に写真を撮影し、公開することができるようになった。これにより、肖像権侵害が増えている。2009 年には職務質問を受けた人が警察官を撮影し、YouTube にアップロードするという事件が発生。

また街頭で挙動不審な人、駅構内や店内で駅員・店員を怒鳴りつけている人などを隠し撮りし、それをアップロードした動画が増加している。この問題は「悪には何をしても良い」という「ネチズム」のせいもあって、これが問題として取り上げられてるウェブページは今の所皆無と言ってよい。

外部リンク[編集]