愚民社会を考える

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索

愚民社会を考える(ぐみんしゃかいをかんがえる)とは救世主かける様が2005年12月2日に立ち上げたWEBページであり、彼のサイヨ第四弾である。

概要[編集]

地上に舞い降りた救世主かける様が愚民社会と化した日本社会を救うため、社会に対する問題提起、考察、議論を行うために作ったページである。かける様大学に引き続き、特別に無料で救世主かける様の助言がいただける。本来なら日本円にしt(ryこれからも鋭い視点で日本社会の問題点を切っていくことが期待される。 毎年正月にかける様のお絵かき掲示板3に絵を投稿するとトップページに載せて貰えるのが恒例となっていた。

かける様大学との相違点[編集]

愚民が過剰に反応してしまうような要素が少なくなり、腰をすえて日本社会を見つめるようになったという感がある。また、哲学的な内容も少なくなり、政治・社会・経済・ネットに話題を絞ったという感もある。 2008年10月5日にリニューアル、今までのユンテンツを一掃してコラム専用のサイトになった。ネタユンテンツやかける様大学時代のページは丸ごとかける様帝国に移動している。

歴史[編集]

  • 2005年12月2日 開設
  • 2007年1月7日 新・愚民社会コラムがスタート
  • 2008年10月5日 リニューアル
  • 2008年11月12日 W3Cに準拠し始める
  • 2008年11月14日 かける様ニュース登場(現在はニュース評論として不定期に書かれる)

関連項目[編集]

リンタ[編集]