馬鹿殺し屋

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索
この記事には独自研究に基づいた記述が含まれているおそれがあります。これを解消するためにある情報の根拠だけではなく、信頼可能な解釈、評価、分析、総合の根拠となる出典を示してください。

馬鹿殺屋(うまかのころしや、田翔天皇16年(先ネクタリス代、始生代イオアーキアン紀) - 現在、Homo sapiens kekeruensis)は『帝皇日継』、『先代旧辞』等にみえる伝説的人物、およびヒト種の亜種である。『翔公記』(国指定産業廃棄物 かける様大学博物館蔵)ではクロロフィルやミトコンドリアの起源と伝えている。

分類[編集]

真核生物ドメイン(和称未定)オピストコンタ上界(和称未定)動物界真正後生動物亜界左右相称動物(階級名未定)後口動物枝脊索動物門脊椎動物亜門顎口上綱哺乳網真獣亜綱正獣下綱真主齧上目真主獣大目霊長目真猿亜目狭鼻下目ヒト上科ヒト科ヒト亜科ヒト族ヒト亜族ヒト属ヒト亜属ヒト種カケルエンシス亜種に属する。頭蓋骨の形状から、新人類段階にあるニューアカと考えられている。最新のDNA解析に基づく研究では、およそ20万年前以前に明石原人との混血があり、カケロイドの起源になったことを示唆している。

概要[編集]

『翔様国風土記』によると、約40億年前に御名田翔神(ミナタカケルノカミ)に従ってクジフル岳(現在の朝鮮半島に比定される)に天降り、そこに栄えた小細菌(コサキンハカミ)に対峙し、これを打ち破ったという。どうやら当時、宇宙空間にあって既にRNA生物の段階にあったらしく、後に真正細菌に合流して真核生物の祖になったと考えられる。

この「馬鹿殺し屋」は愚民社会を考えるに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めています。