2ちゃんねる

提供: Kakerunpedia
移動先: 案内検索
炎上する救世主かける様
炎上上等宣言

このページは「炎上上等」です。炎上という名の言葉の暴力には屈しません。このページを炎上させると言うのなら受けて立ちます。どこからでも掛かって来なさい。

このページは、炎上を理由に内容の撤回・謝罪を行うことは決してありません。仮にページが削除されようとも、後日必ず復活させることをここに宣言しておきます。

私は②を絶対に許さない、絶対にだ(笑)

2ちゃんねる(にちゃんねる)は、日本最大の電子掲示板サイト。愚民社会を考えるなどでは一般にと略され、利用者は2愚鼠と呼ばれる。数々の違法な書き込みと、それの対策を怠り、裁判による賠償命令も無視し続けている管理側の無責任さが問題になっている。

概要[編集]

今から数万年前ではなく十数年前、一人の男によって開設された。その名はナイトメアではなく西村博之。 彼は至る所に魔獣ではなく②愚鼠を送り込み、宇宙ではなくインターネットの制服にかかった。 無論それに反対する星の戦士がいて、多数の反②サイヨが作られたが(2000年頃)、 直ぐに②に晒され無尽蔵に送り込まれる②愚鼠の前には為す術無く次々と閉鎖していった。 そして西村博之はニコニコ動画等の事業に乗り出し、自分は2ちゃんねるの運営からは抜けてこのまま賠償から時効まで逃げ切る積もりである。

問題点[編集]

誹謗・中傷[編集]

2ちゃんねるは、基本的に書き込みの削除は行わない姿勢であるため、ほとんど全ての板・スレッドにおいて誹謗・中傷や煽り (他人を挑発する書き込み) が書き込まれている。有名な人物や企業なら、2ちゃんねらーの標的にされないものはない。ネット上で活動する個人に対しても、「祭り」と称して、ブログmixi などで失言を行った人物に対する過剰な攻撃が絶えない。個人攻撃を行っても削除されないのは、加害者にとっては他の掲示板にはない2ちゃんねるの魅力となっている。ネット上で発生する祭りのほとんどは2ちゃんねるが発火点であり、またターゲットのネガティブ情報の集積地となっている。

2ちゃんねるから他のサイトにジャンプする時は、ime.nu や ime.st という別のサイトを経由してジャンプされる。これにより、ターゲットのウェブページのアクセス解析には、祭りが発生しているスレッドではなく別サイトの URL が記録され、自分がどこで祭られているのか分からない。もちろん削除依頼もできない。2ちゃんねるは、自分が祭られているスレッドを全て探し出して削除、などということはしてくれない。

削除依頼[編集]

2ちゃんねるには、削除依頼専用の板 (削除要請板と削除整理板) が存在する。これら以外の板での削除依頼、あるいはメールなどでの削除依頼は認められてない。しかし、削除依頼専用の板に削除依頼をすると、その書き込みはホスト名を含めて全て公開される。これにより、削除依頼をした者が祭りのターゲットだったと判明すると、ますます祭りが加熱することになる。一方で、2ちゃんねるでホスト名が公開される板は、削除依頼板を除くと数える程しかない。ここでも、前述の ime.nu と同様に、2ちゃんねるは加害者には甘く被害者には厳しい体制となっている。

削除依頼をしても、屁理屈や難癖を付けられて削除されない場合がある。その場合は、「ターゲットが削除依頼をした!」と祭られただけで終わり、「一石マイナス二鳥」ということになる。

裁判の無視[編集]

そのため、2ちゃんねるに対して書き込みの削除や損害賠償を求める訴訟が絶えない。実際西村はことごとく敗訴しているが、西村は資産を隠す対策をしていて、賠償金を回収できた例はほとんどない。また2ちゃんねるのサーバーも海外にあるため、差し押さえることができない。2009 年 1 月には、西村は訴訟対策のために2ちゃんねるをシンガポールのペーパーカンパニーに譲渡した。

そのため、「2ちゃんねるは訴えても無駄」という常識ができつつあり、逆 SEO といって、見られたくないスレッドの順位を落とす工作活動を有償で行う業者が現れている。

2ちゃんねると社会[編集]

2ちゃんねると有名人[編集]

麻生太郎は②に媚びる政治家。

2ちゃんねると企業[編集]

2ちゃんねるとマスコミ[編集]

朝日・毎日は反②。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]